トップページ > 東京システム運輸ホールディングスとは > 沿革

東京システム運輪とは

東京システム運輸ホールディングスとは

会社概要
沿革
業績推移
東京ユニオン物流
東京ロジファクトリー
東京ビジョンクリエイト

【前編】石原梱包の歩み
(昭和40年~)

一.黎明(れいめい)期編
トピックスの紹介
物件情報
物流Q&A
プライバシーマーク
IT経営実践認定企業
多摩ブルーグリーン賞
NetDepot
介護事業
誕生日ブログ
グリーン経営認証
Fun to Share
COOL CHOICE

沿革

 
  1965(昭40)

東京都国分寺市にて創業者石原新吉、いすゞエルフ2tトラック1台で起業。
翌年より、梱包発送事業開始。


  1967(昭42) 石原梱包株式会社を創立。資本金100万円。梱包発送事業開始。

  1968(昭43) 東京陸運局より一般小型貨物自動車運送事業免許認可/運送事業開始。

  1969(昭44) 本社営業所を東京都北多摩郡大和町奈良橋(現東大和市中央)の
現在地に移設。
      オーディオ製品、計測用機器等の精密電気機器の梱包、保管、荷役および全国各主要都市への配送業務開始。

  1970(昭45) 資本金を1,000万円に増資。

  1974(昭49) 東京都東大和市立野に東大和流通センター開設。(4,500坪)

  1975(昭50) 東京システム運輸株式会社に社名変更。
      東京国税局立川税務署より優良申告法人の第1回目の表敬を受ける。
以後、8期連続を更新中。
      大手住宅設備メーカーの厨房機器製品管理、保管、関東全域配送業務開始。
資本金を2,000万円に増資。

  1978(昭53) 大手外食チェーンレストランの関東全店舗向け食材・備品・消耗品等の
商品管理・配送業務受託。

  1979(昭54)
関連会社ユニオン物流株式会社を設立し、自動車運送取扱事業を開始。
大手音響メーカー専用倉庫として武蔵村山流通センター(2,300坪)開設

  1980(昭55)
東京国税局立川税務署より優良申告法人の第2回目の表敬を受ける。

  1982(昭57) 東京陸運局より特定旅客自動車運送事業の許可を得て、
顧客従業員の送迎バス運行事業開始。

  1984(昭59) 大手医療メーカーの製品管理・保管・配送業務を受託し、新狭山に専用センター業務委託。
      東京都西多摩郡羽村町五の神365(現羽村市)に羽村事業所を開設し、
レジャースポーツ用品の大型集中センターを開始。(4,200坪)
資本金を3,500万円に増資。

  1985(昭60) 東京都武蔵村山市伊奈平5-93-1に多摩営業所を開設し、
ホームセンター向複合ベンダーの共同商品デポを開始。(1,093坪)

  1986(昭61) 東京都昭島市つつじヶ丘1-1-39に昭島流通センター開設。(2,300坪)
      PISシステム(デジタルピック・インジケーター)を導入。
      大手コンビニエンスストアー向け配送センター業務を開始。
東京国税局立川税務署より優良申告法人の第3回目の表敬を受ける。

  1987(昭62) 東京都西多摩郡瑞穂町駒形富士山353-1に瑞穂流通センターを開設。
(1,800坪)

  1988(昭63) 東京都武蔵村山市5-65-1に運輸部門統括基地として運輸センターを開設。
      ユニオン物流株式会社を東京ユニオン物流株式会社に社名変更、
小口貨物積合せ主体の運送事業を展開する。
      大手住宅設備メーカー、空調製品メーカー向け共同配送業務受託、
商品名「共同リレー配送」として開始。
      資本金を4,550万円に増資。

  1989(昭64/平1) 東京都西多摩郡羽村町神明台2-10-8(現羽村市)に
羽村流通センター開設(現FMC羽村事業所)。(1,800坪)
      東京都から宅地建物取引業者の免許取得。
      営業活動促進・都内進出を目的に、都庁隣接地へ東京営業部開設する。
東京都新宿区西新宿3-4-4トナンビューロ8F。
      資本金を5,005万円に増資。
      東京都西多摩郡駒形富士山343に瑞穂第2流通センターを開設。(2,500坪)

  1990(平2) 剣道部発足、道場は東大和市南街3-56-5 武石接骨院内 剣道 武石道場。
      社内報「しるくろーど」第1号刊行。

  1991(平3)

都内アンテナ基地として、東京都葛飾区奥戸6-1-10に、葛飾流通センターを開設。(600坪)

     

配送部門と庫内区画を企業向けトランクスペースとして商品化。

      東京営業部を渋谷区代々木(新宿南口)に移転。
      大手家電メーカーN社、多摩地域ショップ1,300店舗向け配送業務開始。
      東京国税局立川税務署より優良申告法人の第4回目の表敬を受ける。

  1992(平4)

東京都昭島市拝島町3929 SLC多摩内に昭島事業所を開設、
㈱ソニープラザの業務受託。

      創立25周年記念式典を東京ベイヒルトンにて開催。
      第75回多摩実業団剣道大会にて当社剣道部が初優勝。

1993(平5) 東京都足立区千住関屋町に千住事業所開設、 大手日曜雑貨メーカー向けデジタルピッキングシステムを再構築。
   改善提案制度導入。

  1995(平7) 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎松原に瑞穂営業所を開設。(3,300坪)
      東京都立川市泉町935-5立飛リアルエステート内204号に立川事業所を
開設、無線LAN・DPS併用にて在庫型配送センター業務委託開始。
      埼玉県入間郡三芳町大字藤久保1124-1にエスビー所沢事業所を開設。

  1996(平8) 東京都より、産業廃棄物収集運搬業の許可を得て、
大手情報機器メーカー、リース会社とタイアップし全国のリースアップのパソコン等の回収から選別業者引き渡しまでの業務を開始。
東京都立川市泉町935-1立飛リアルエステート内201-E号に立川営業所を開設。
      大手ドラッグストアー社業務を受託しTC業務開始。 東京国税局立川税務署より優良申告法人の第5回目の表敬を受ける。

  1997(平9) 倉庫事業免許取得。
      創立30周年記念事業として 本社屋の手狭、老朽化にてスクラップ&ビルド、新社屋竣工。
      創立30周年記念式典を立川パレスホテルにて開催、 創立30周年記念講演会を京王プラザホテルにて開催。 (船井幸雄氏2014.01.19逝去による)

  1998(平10) 埼玉県所沢市亀ヶ谷にクロスドッキングセンターを開設。(1,400坪)
大手家電メーカーの積み合わせ配送拠点、ドラッグストアーTC業務の
複合センターを移転拡大。
神奈川県横浜市都筑区に海と陸の接点「インランド・デポ」の、 キャッチフレーズにて新横浜物流センターを開設。(3,600坪)
神奈川県相模原市から海老名市に拡大・拡充移転、海老名営業所を開設。(3,700坪)

1999(平11) 埼玉県川越市今福中台元川越2939-1に川越営業所を開設。(2,000坪)

2000(平12) 国際標準規格ISO9002の認証を「電子機器の倉庫サービス及び 一般貨物の運送サービス」の登録範囲にて取得。
      取得管理部門、総務部・営業開発部・物流営業部・運輸営業部。
      将来的な圏央道全面開通を睨み、圏央道IC付近へ物流センター構築展開を開始。
      埼玉県日高市馬引沢333に狭山日高物流センターを開設。(3,185坪)
      埼玉県狭山市新狭山1-5-12に吉田製薬社新物流センター開設。

  2001(平13) 東京都昭島市拝島町2527/敷地面積4,582坪、昭島物流センター開設。
(6,652坪)
      神奈川県厚木市上依知931-1/敷地面積5,928坪、
厚木物流センター開設。(3,700坪)
      川越営業所拡張のため川越今福1440-1へ別館倉庫開設。(4,300坪)
      剣道部 国土交通省杯 陸海空剣道大会、当社全選手入賞。
      東京都国税立川税務署より6度目の優良法人の表敬受彰。
      当時、優良申告法人は、立川税務署所轄6市4万社法人のうち70社。

  2002(平14) 系列会社の東京ユニオン物流株式会社を100%子会社とする。
      神奈川県横浜市瀬谷区北町35-10/敷地面積2,774坪、
鉄骨造り3階建高床式にて横浜物流センター開設。(3,134坪)
      創立35周年記念式典・祝賀会を立川パレスホテルにて開催。
      資本金を1億2,512万円に増資。

  2004(平16) 剣道部 関東実業団剣道大会 ベスト16入賞。
      グリーン経営認証取得。
      東京都昭島市拝島町3928/敷地面積5,200坪、
鉄骨造り4階建にて昭島第2物流センター開設。(9,200坪)
      東京都武蔵村山市伊奈平2-100-1/敷地面積2,700坪、
ターミナルX竣工。(1,749坪)
      首都圏エリア大手スーパーマーケット向け低温輸送業務受託。
資本金を1億8,271万円に増資。

  2006(平18) 埼玉県入間郡三芳町上富中西1478-1にエスビー食品㈱首都圏第2物流センター開設。
      埼玉県川口市安行出羽5-1-28/敷地面積633.95坪、
川口営業所(TERMINALX2)を開設。(637.89坪)
      「TERMINALーX」を商標登録
      改善提案累計提案数が30,000件達成。
      タイ運輸省・陸運局スタディーツアー、ターミナルXへ来社。

  2007(平19) 西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎896-3/敷地面積4,650坪
      新瑞穂物流センターを開設。(4,751坪)
大手外食チェーンレストランVMI業務を開始。
      新宿区西新宿1-19-8新東京ビルディング9Fに開発本部を開設。
      神奈川県横浜市瀬谷区北町25-9に横浜事業所を
TERMINALX3として開設。
      相模原市南橋本3-17-2/敷地面積2,068坪、
相模原物流センターを開設。(3,146.76坪)
      東京システム運輸創立40周年記念と東京ユニオン物流と併合し、グループ合同記念式典として東京都日野市 多摩テックにて開催。

  2008(平20) ネットショップ専用物流サービスNetDepot業務開始。
      東京都国税立川税務署より7度目の優良法人の表敬受彰。
      八王子南大沢3-21-1、南大沢物流センター開設。(8,700坪)

  2009(平21) 入間土地資産の有効活用第1フェイズにて、
ILP(インター・ランドポートフォリオ)として立ち上げる。(6,000坪)
      安全環境対策室による適性診断システム”ナスバネット”導入。
      グループ中期経営計画策定プロジェクト始動。第1期生は10名選抜。
      Gマーク「安全性優良事業所」制度、Gマーク取得。
      NetDepot多摩ブルー・グリーン賞、第7回グリーン賞(経営部門)優秀賞を受賞。

  2010(平22) NetDepot中小企業IT経営力大賞2010「IT経営実践認定企業」認定。
      神奈川県横浜市瀬谷区、横浜町田物流センターを開設。(4,000坪)
      大手食品メーカー向け物流センター開設。川越物流センター(8,400坪)
      千代田区丸の内3-1-1に丸の内オフィスを開設。

  2010(平22) 会社分割により、東京システム運輸株式会社改め、
東京システム運輸ホールディングスに社名変更。
東京ロジファクトリー株式会社設立(100%子会社)
      NetDepotサービスをFC展開開始。
      資本金を8,000万円に減資。

  2011(平23) TERMINALXシリーズの拠点2を草加から川口へ、
TERMINALX 3を横浜市瀬谷区から海老名へ移管し拡充展開。
大手外食チェーンレストランVMI業務。
      神奈川エリア拡大のため圏央相模物流センターを開設。(5,200坪)
      東京ロジファクトリー営業基地として国分寺オフィスを開設。
     

NetDepot業務の拡販・拡充のため専用センターを開設、

瑞穂町長岡(680坪)
      東京ビジョンクリエイト株式会社設立(100%子会社)
「Yogorino」関東・九州ライセンサーとして小売店事業に参入。

  2012(平24) 「Yogorino」関東加盟店舗の運営・展開開始。
お台場に「Yogorino」関東第1号店出店。
      資産の有効活用第2フェイズにて、ILP102として土地・建物を取得。
入間ターミナルを開設。敷地面積 4,580坪 倉庫面積 1,870坪
      NetDepot専用センター、羽村センターを開設。(720坪)
      剣道部 全日本高壮年剣道大会にて5段以下の部、個人優勝。

  2013(平25) 圏央道IC付近への物流センター展開を強く推進。
      大手物流会社とジョイントにて共同使用物流センターを開設、
圏央川島物流センター(4,300坪)
      ILP103として土地・建物を取得、武蔵村山伊奈平に開設。(2,700坪)
      東京都国税立川税務署より8度目の優良法人の表敬受彰。

  2014(平26) 圏央青梅物流センターを開設。(7,200坪)
      太陽光発電事業開始。入間ILPⅡに493kwの太陽光発電設備を開設。

  2015(平27) プライバシーマーク取得。
      オフィスビル、東京都港区にモデューロ浜松町(210坪)を取得。
オフィスビルマネジメント開始。
      太陽光発電事業開始。狭山日高BCに462kwの太陽光発電設備を開設。

  2016(平28)

Safty Management Supportの推進を強化。運輸安全マネジメントの取組みにおけるブラッシュアップ。見学希望企業への公開。

      疲労測定による安全管理支援システムの販売開始。疲労軽減・事故防止サングラスの共同開発・実験開始
      「nagomi」ライセンスチェーンに参画。リハビリ特化型の通所介護施設の運営管理をスタート。所沢市に第1号店出店。
      湘南平塚物流センターを開設。(4,000坪)
      グループ営業戦略研修を開始。第1期生は20名選抜。
      NetDepot業務の拡販・拡充のため、23区内専用センターを開設、ネットデポ板橋センター(4,000坪)
      グループ営業管理総面積は、141,000坪。首都圏に53拠点となる。

  2017(平29)

ネットデポ板橋センター内に、大手路線3社専用荷札ラベル発行システム兼自動梱包機システムを開発し稼働。

      「チーズハニー」(チーズ・はちみつ・ワイン販売)WEBサイトを開設し、インターネット通販事業をスタート。
      大手スポーツ用品物流業務の拡充のため、新瑞穂BCへ一部移設、安曇野Cへ新設。
      大手住設メーカーと共同でアプリを開発。
      東京ユニオン物流の運び方改革の一環として小口貨物を切り離し、軽貨物自動車による新サービス「マスカット便」を開始。
      貨物輸送評価制度にて準二つ星の認定。CO2削減に努力する運送事業者を実走行燃費により、東京都が評価する制度。
      居宅介護支援(ケアマネジメントサービス)事業を開始。リハビリ特化型の通所介護施設所沢施設に併設。
      フードバンク、福祉現場等に食品を寄贈するリデュースモデルを構築し、東京都より物流を受託。
      大手スーパー向け立川センターの業務拡充により、昭島センターへ移転稼働。(6,200坪)
      創立50周年記念式典を立川パレスホテルにて開催。
      車輛待機スペースを完備、大手総合卸グループとBTS(ビルド・トゥ・スーツ)型 昭島第3物流センターを新設。(4,300坪)
関東運輸局より、東京都第1号となる、CO2削減を目標とした物流効率化法認定を受領。
     

入間市 武蔵工業団地内に3温度帯一体型物流センターを開設。
メディカル物流センターとして医療・化粧品会社、複数社の企業物流を請負う。(4,600坪)

     

大手住設メーカーの首都圏を中心とする東日本エリアの物流機能の強化に基づき、厚木事業所を開設。当グループは、庫内作業及び配送業務を担う。(8,491坪)

     

グループ中期経営計画策定プロジェクト、第2期生を11名選抜。

     

東京都中央区銀座一丁目店舗・オフィスビル321坪 1階23坪区分を取得。


  2018(平30)

創立50周年記念誌を発刊。(国立国会図書館、東大和市立図書館、入間市立図書館、神奈川県立川崎図書館、明石市立図書館、滋賀大学経済経営研究所に同誌を寄贈)

      川越BC開設。(2,280坪)、大手食品メーカー向け総合物流業務の拡充・
拡大。
      UECアライアンスパートナーと次世代向け物流ピッキングシステムの研究開発・開始。
      国際物流総合展2018に出展。
      安全・改善提案推進委員・女子社員合同研修会を、サイボクハムにて
開催。(12期連続)
      グループ中期経営計画プロジェクト 第2期生 トレーニング選抜開始。
      第3回 細川会長杯 グループ卓球大会を開催。昭島IKDセンターが優勝。
      ネットデポ西東京業務拡大により、羽村・瑞穂センターを昭島営業所へ
集約。
      南大沢物流センター、大手物流会社とジョイントにて大手飲料メーカー
業務拡充。
      イーコマースフェア 2018 東京に出展。

  2019(令元)

グループ社員定年制度を満60歳から満62歳に改定。併行して継続雇用
制度を最長満70歳迄に改定。

      yogorinoモラージュ菖蒲店をオープン。
      東京都港区南青山に店舗・オフィスビル区分保有開始。
      ロジスティクスソリューションフェア2019に出展。
      安全環境対策室主導にて、グループ全社員を対象とするフォークリフト
安全講習会を通年計画開催。
      東京国税局立川税務署より連続9度目の優良申告法人の表敬受彰。
      ネットデポ新板橋センター業務拡充にて、新高島平センター(1,450坪)を開設。
      東京ロジファクトリーのホームページをリニューアル。
      関東運輸局より、東京ユニオン物流本社営業所が安全性優良事業所を
受彰。
      第17回 多摩ブルー・グリーン賞にて多摩グリーン賞最優秀賞を受賞。
      国際物流総合展に2020に出展。

  2020(令2)

東京ユニオン物流が東京都西多摩郡瑞穂町に大手食品卸会社向け汎用センターの業務を受託。(2,280坪)並びに、神奈川コンビニエンス向け配送を移転・拡充にて計22コース便を再受託。

      東京ロジファクトリー創立10周年記念事業として埼玉ドミナントエリア展開を拡充・拡大。
      鶴ヶ島BC開設。(6,271坪)大手日用生活用品メーカー並びに食品メーカー向け物流アセット。
      イーコマース、フルフィルメント向け専用センターの坂戸BC開設。(7,191坪)
      大手食品メーカー向け総合物流業務の受託により、川越第2BCを開設。(4,315坪)
      ネットデポサービスが年商30億円超となり、取引先数400社となる。
      Yogorino幕張新都心店をオープン。
      TSTグループ東大和本社と国分寺営業オフィス機能を立川ビジネスセンタービル6階に集約移転。
      グループ営業総管理面積は、首都圏1都3県内62棟、164,000坪を超える。

  2021(令3)

東京ロジファクトリー、東京ユニオン物流相乗にて、大手医薬品卸業者より、病院向け医療品配送を受託。

      越谷物流団地内に大手ドラッグストアー、日用品雑貨問屋向け複合セン
ターを開設。(2,954坪)
      グループ倉庫・運送総括受託業務の受注に向け埼玉エリアの拡充を推進。大手医薬品卸業者と病院向け医療用品配送の受託。大手食品メーカー対応のターミナル兼営業所を川越市に新設。
      nagomi事業にて新規居宅介護支援事業、優良老人施設あっせん業を
開始。
      東京ビジョンクリエイト創立10周年を記念事業とし、Yogorinoイオンレイクタウンmori店をオープン。
      東京ユニオン物流、安全キックオフ大会を、初の対面・Zoomハイブリッド型にて開催。
      ネットデポ高島平センター満床稼働、更なる拡充に向け、本店・倉庫をバリューアップ工事開始。
      東京ユニオン物流 東京都貨物輸送評価制度、優秀事業所5年連続にて表彰受賞。
      東京ロジファクトリー 厚木内陸工業団地内既存建物をスクラップ&ビルドにて、大手食品のサブクリスプション社向け開発・運営、建設会社と共に、BTS型プロジェクを開始。
      東京ビジョンクリエイト 抗菌、抗ウイルス、消臭コーティング事業(SKYBE-783)を開始。
      東京ロジファクトリー 大手日用雑貨卸業務拡大につき、武蔵村山センター開設(1,000坪)
      東京ロジファクトリー 大手外食チェーン向け業務を厚木第3物流Cへ拡充移転開設。
      東京ロジファクトリー 医薬部外品、化粧品製造業認可取得にて、新市場開拓を狙う。
      東京ユニオン物流 既存住宅設備メーカー(大手・中堅5社)の共同配送事業の貨物量適正コントロールを推進。埼玉県春日部に首都圏プロセスセンターの共配ターミナルを開設(800坪)
      東京ロジファクトリー 大手EC総合支援、フルフィルメント物流サービス社とともに、川越第2物流センター内にジョイント開設。今後の拡充共営を推進(2,000坪)